汗かきの悩み


毎年、梅雨の時期から夏場にかけてが自分にとって
一年のうちでもっとも苦手で憂鬱になる時期です。

去年の梅雨は例年になく極端に雨の日が多かった気がします。
しっかりと晴れた日が少なく雨ではないにしても、

一日中どんよりとした天気が多くて、天気と同じく気分もすぐれず
ジメジメとうっとうしい、いやな毎日の連続でした。

もともと、汗っかきなのですが季節を問わずよく汗をかく。
遺伝なのか体質なのかはわからないけれど…?。

そういえば、子供のころうちの母親もよく畑仕事をしたあとに
汗びっしょりになって、噴き出す汗をタオルで拭きながら、

冷蔵庫の中を開けて冷やしてある麦茶をうまそうに飲み干していた。
あの光景がよく思い浮かびます。

出身は九州の片いなかにある盆地で、夏は熱がこもりやすくて
元々暑いところなのですが、

それにしても、
自分の汗のかき方は異常というか…?異様というか…?

母親から遺伝したのかもしれないと日頃から思い悩んでいます。
特に、夏場の汗には困ったものです。

他の人より体温が2?3度高いんじゃないか?と思うぐらいです。

衣服の汗じみ(背中・わきの下・ズボンの中)ができて、
街に買い物に行くのにも恥ずかしくて、周りの視線が気になるので、

本能的に思わず持参したバッグや買い物袋で
お尻の部分を隠して歩いてしまいます。

食事に行っても椅子にすわると汗のあとが残るので、
タオルやハンカチを必ず持参するようにして

椅子の上にタオルやハンカチを敷いてその上にすわるという風に
しています。なので、タオルかハンカチは欠かせません(ーー;)

自分は性格的に神経質なところがあって、汗のことを意識すればするほど
余計に汗をかくという悪循環に陥っています。

今年も梅雨から夏にかけてやって来るあのジメジメとした
蒸し暑さを考えると今から不快でなりません。




Copyright © 2016 あるまま日記 All Rights Reserved.