ボーリング大会に天才?現る


つい2カ月前にも会社のボーリング大会に参加したと思ったら、
今回また大会に招集されるハメになりました。

今回は大所帯で、会社OBの人たちやグループ会社の人たちも一緒です。
OBと若手の交流の為ということで仕方がなく参加したのに、

なんで知らない人間にまで自分の下手な腕前を披露しなくちゃいけないんだ
と思いながら恥ずかしいやら情けないやら・・・。

こうなったら、仕方がないから景品どっさりもらって帰るぞ!
と意気込んではみたものの、

会場に到着するやいなや呆気にとられてしまいました。

なんと、見たこともないおじいちゃんばっかりで、
同じレーンの人もおじいちゃんの二人組で、

まるで老人会の中に迷い込んでしまったような錯覚に陥りました(ーー;)

そして、練習球ではストライクを出してみたり、
残り一本のピンを綺麗に倒したりで

今回出だしだけは幸先良かったのですが、
成績はといえば案の定悲惨なものでした(@_@;)

投げれば投げるほどに感覚がわからなくなっていくというか、
ちょうど真ん中狙いで投げてみても、

勢いが弱すぎて真ん中だけを器用に倒して行ったり
細かい調整が下手なので右にガーターか左にガーターばっかりでした。

ということで本気でブービー賞を獲れる気分でいたのですが、
驚いたことに、ある意味ダークホース的存在が現れました。

同じ会社から参加中のおばちゃんに、
あと一歩のところで最下位を奪われてしまいました。

ところで優勝したのは意外な人物でした。

ボーリング歴うん十年のベテラン社員や力強い若手の男性社員を差し置いて、
優勝したのはわが後輩社員の新人くん!(この前の春まで高校生)

まぐれなのか?センスの良さなのか?本人が一番ビックリしていましたが、

本当によくもまぁ?優勝できたもんです。
自分も驚きとともに少しうらやましさを感じる大会でした。

今回優勝した新人くん、

今夏に東京で開催される、グループ会社全体の選抜ボーリング大会に
出場が決まったそうです。




Copyright © 2016 あるまま日記 All Rights Reserved.